冬場のガス料金の節約方法

ガス料金は特に冬場になると、あっという間に大幅に料金が上がっていることがあり、毎月届く利用明細書を見てショックを受けることはよくある話です。

ガス料金情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

きっと振り返ってみると、給湯の温度を高くし過ぎた、寒いからシャワーを長く浴びすぎている、ガスタイプの床暖房のある家は長時間使っているなど、料金が上がった原因はたくさんあるはずです。


そこで、次の冬に備えて、どうすればもう少しガス料金を節約できるのか工夫を意識してみるといいでしょう。冬のガス料金の節約方法の一つとして、給湯の温度設定を少し低めで設定するといいです。

夏は食器洗いの際に水洗いで我慢できますが、冬場はついつい給湯の温度設定を高めにしがちで40度くらいの設定にしている家庭もあるかもしれません。


しかし、水は我慢できなくても、冷たくない程度の温度設定なら我慢できるはずです。

35度以下の設定でも十分でしょう。


また高温度ですと、手も荒れやすいので、肌のためにもぬるい設定にしておきましょう。



料理をしていても、寒い日は煮物料理や鍋料理が多くなりがちです。



鍋料理の回数を減らす必要はありませんが、ガスを使う際には、火は強火にするほどガスを使いますから、中火から弱火で使うと料金が高くなりにくいです。実はガス料金は、短時間で強火にして調理するよりも、長時間でも中火から弱火の設定の方が上がりにくくなっています。
これさえ押さえておけば、次の冬からは、ある程度の節約は可能になりますから、是非実行してみましょう。